当の借金の怖さ

私が初めてお金を借りたのは19歳です。
あの時の私は、借金になるという気持ちは全くありませんでした。

話を聞いた場所は、そんな言葉は似合わない場所なので、借金の「し」の字も出なかったです。
どんなお金か気になりますよね?聞いたら、多分なーんだ!借金レベルの話じゃないじゃん!と思われると思います。
それが本当の借金の怖さなんじゃないかと思います。

私が初めてお金を借りたのは、大学に行くための奨学金でした。
高校で聞く奨学金の説明は、どんな話だったか覚えていません。
「この手続きしたら、大学に行けるんでしょ」と思い、深く考えていませんでした。

その後、無事合格し、学園生活も落ち着いた頃、学費の支払いが滞ってることを知らされます。
結局1年もたたずに中退しました。
しかし未払いの学費は払わないといけなかったので、奨学金を追加して借りました。

中退後、すぐ就職しましたが、毎月口座から落ちていく金額にびっくりしました。
簡単に考えてた奨学金は、10年以上支払わないといけないようになっていました。

今もまだ支払っていますが、家計を圧迫してます。
子どもには、どんな仕組みなのかしっかり説明をして選択をさせようと思います。

職場や友達や親にバレないでキャッシング

お金を借りる方法として、さまざまな方法がありますが、私はお金がないことを両親や友達に知られたくなかったので、キャッシングでお金を借りました。

今はたくさんの会社があり、その会社を選ぶのも大変ですが、まず一番に考えたのが、職場や友達、親にバレないか…ということです。
インターネットで調べたところ、どの会社もそこはクリアしていました。
悩みに悩み、私は2つの会社からお金を借りることになりました。

(レ○ク、ア○ム←わかりますね)毎月各会社に2万ずつ返済しています。
私は、返済が遅れたことはありませんが、返済期日までにどうしても返済できない場合は、その会社のホームページにログインし、返済できる期日を入力すれば、返済を遅らせることも可能なため、非常に便利だと感じました。

契約すると、カードが作成され所得によって使用限度も決まっています。
クレジットカード感覚になってしまい自分が欲しいと思ったものをポンポン買ってしまっては、後から返済するのが大変になるため、収入と支出のバランスをしっかり考えた上でお金は借りることが大事だなぁと思いました。
一番いいのは借りないことなのですが…。

誰にも会わずにカードキャッシング!

今はあまり見かけなくりましたが、一昔前はそこかしこにカードキャッシングのATMのようなものが乱立していたころのお話です。
知ってますか、「お自動さん」「無人君」なんて親しげな名前をつけて、TVCMなんかもバンバン流していた時代があったんです。
恐ろしいことにパチンコ屋の近くなんかにもよくあったんです。
そんな時代のお話です。

その当時私は特にはお金に困ってはいませんでした。(別にお金持ちというわけではないんですよ)
暇にまかせてぶらぶらとその辺を歩いていました。
その時目に留まったのが例のキャッシングATMでした。

売りの文句は「誰にも会わずにカードキャッシング!」でした
ほうほうと興味を持ち、入店し、カードを作成しました。
時間としては30分くらいでしょうか。

折角カードを作ったのでその時借りれた限度額の50万円を借り、一万円が50枚あることを確認した後すぐに返金。
利息として3000円程度取られたと思います。
そんな、イタズラめいたことをした後日、なんと郵便ポストに先日お世話になったキャッシング会社からのお手紙でイタズラめいたキャッシングお断りと書かれていました。

ごめんなさい、もうしません。

また別のカードでキャッシングして返済の繰り返し

普段の買い物や食事、飲み代は全てカードです。
現金を持たない主義だったので、結構使いまくってました。

ある時、カードの明細(請求書)を見てびっくり。
”や、ヤバい引き落とし事故になる”と思い慌てて別のカードを持ってキャッシング。

自転車操業の始まりでした。
次の引き落としが来ると、また別のカードでキャッシングして返済の繰り返し。

確かにカードの支払い(引き落とし)は順調ですが金利がどんどん増えて行きました。
でも、引き落とし事故を起こしてないのとキャッシングで何度も利用して(っこっちも引き落とし事故なし)るから、
”新しいカード”の案内が来る来る(苦笑

そのたびに作ってたら、気が付けばいつがどのカードの返済かわからなくなってきて、
最終的にはカードはカードファイルを買って、そこに居れ、封印し、現金生活に戻りました。

最近は無いですが、”今月はいくら必要ですか?”なんて電話が来て、口座に振り込んでくるキャッシング業者が有りましたけどね。
いきなりカードから借りようとしたら使えず、ATMの画面には”このカードは返済専用です”とか出るしまつ。
つまり借り過ぎたんですね。

恐ろしい時代だったと思います。

酔ってる時の借金はダメ!

親、友達からは絶対にお金は借りない。
と、誓ってましたが、一度だけ親にお金を借りました。

友達と飲みに行ったときに黒服の御兄ちゃん(いわゆるキャッチ)に引っかかって、べろべろに酔わされて勝手にカードを使われ、いわゆるぼったくりってやつです。
どうやら記憶を飛ばすほど酔わされたようで、カードを漁られサインをさせられたようです。

カード会社に問い合わせてもサインが有るとダメなようです。
警察にも相談しましたが、カードにサインもあるし事件性は被害者である私が立証しないと動いてくれないそうです。
最近は電話で確認が来るようですが、酔った勢いの場合つい何とかなるさとOKを出してしまう事が良くありました。

その時はさすがにとんでもない金額だったので親に泣き付きました。
絶対返せよ。
と、言われお金を借り、その後は毎月数万づつ返して行きました。

最終的には全て返しましたが、カードは親に没収され続けてます。
あと、飲酒の量も制限されるようになりました。

レイク借り方は簡単でした!ネットで申し込んで当日お金を借りました!

ヘルシーダイエットの基本

ダイエットを成功させるには欠かせないのが食事療法です。

肥満治療でも中心となる部分ですよね。

健康のための減量で健康を損ねることのないように、エネルギーは抑えても、バランスやリズムを守って食べることが大切です。

肥満の食事療法としては減食が基本となります。

減食といっても、ただ食事を減らすというものではありません。

タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの必要な栄養素を十分にとりながら、エネルギーだけ減らすのがヘルシーダイエットのポイントになります。

そのためには、食べずに我慢するのではなくて、考えて食べることが重要なんですよね。

考えて食べれば、減量中でも食べていけないものはないということになります。

日常生活を送りながら自分で行うなら、1日1300キロカロリー程度までの減食にとどめて、栄養バランスを考えて食べるようにしないといけません。

そして栄養バランスとともに、食事のリズムにも注意がいります。

減食をするというと食事を抜く人がいますが、これは間違いです。

エネルギーは抑えても、体脂肪の貯まりやすい状態をつくり、減食の効果も低減してしまいますからね。

1日の総エネルギーを3色に分けて、規則正しく食べたほうが、減食の効果も高くて、健康にもいいんです。

夜食はダメだと分かっているのですが、空腹のままでは眠れません。
これは習慣で解決しますよね。
夜食の習慣のある人は、夕飯を早くして寝る前の時間を多く取ると、お腹が空いて大変だろうと思いますが、ある程度の時間が過ぎると、かえって食欲は落ちてくるものです。
慣れるまでは温かい飲み物などを飲んで、おなかをなだめるのもいいかもしれません。
ただし低カロリーのものにするのは忘れてはいけませんね。

ダイエットの前に知っておきたい栄養知識

減量に成功する秘訣は、過不足なく、バランス良く、考えて食べることです。

賢く食べるために、カラダに必要な栄養素のことを知っておきたいですね。

栄養面を無視して、むやみに食事量を減らしていたのでは、健康を損ねることになります。

私たちが健康を維持するには、糖質、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルの五大栄養素が欠かせないです。

これらがカラダを作って、活動を維持しているからですね。

さらに食物繊維も忘れてはいけないものです。

かつては無用のもののように思われていた食物繊維も、さまざまな研究から健康維持に欠かせないことが分かってきて、ダイの栄養素とも考えられています。

糖質には、ご飯やパンなどの主成分であるでんぷん、砂糖のほか、果物に含まれる果糖、乳糖などがあります。

これらは声明を維持して、活動するための重要なエネルギー源となります。

ただし糖質は、とりすぎると体脂肪に代わるので、肥満を招きやすい栄養素でもあります。

特に体脂肪になりやすいのは、吸収されやすい砂糖や果糖などです。

肥満の人は、糖質をとりすぎていることがおおいので、ダイエットでは糖質、特に甘いものを制限することが、重要なポイントになってきます。

ダイエットエステサロン・・・『ダイエットエステの口コミのサイトってたくさんありますけど、書いてある事ってホントなの?』

タンパク質は、筋肉や皮膚などカラダをつくる主要成分であって、ホルモンや酵素の減量にもなる重要な栄養素です。

タンパク質は、約20種類のアミノ酸が結合してできています。

このうち2種類のアミノ酸は、体内では合成できないので、食品からとるしかありません。

そのため、ダイエットをするには、必須アミノ酸をバランスよく含んだ、良質のタンパク質が不足しないように注意が必要です。

良質のたんぱく質は、肉や魚など、動物性の食品に多く含まれています。

ただし、動物性食品の取り過ぎは、動物性脂肪の摂取にもつながりやすいので、大豆製品などの植物性たんぱく質を組み合わせてとるようにしたいですね。

脂質は、最も効率よくエネルギーを確保できる栄養素です。

ホルモンや細胞膜の材料でもあって、ビタミンの吸収や貯蔵、神経の働きなどにもかかわっているので、ダイエット中でも必要なんです。

脂質の上手な取り方は、量を控えめにして、植物性脂肪を主体にすることです。

動物性脂肪にはコレステロールを上げる脂肪酸が多く含まれているからですね。

魚の脂には血液をさらさらにする作用があるので、適量はとりたいものです。

ビタミンは、エネルギー源になったりカラダを作る材料になったりはしませんが、他の栄養素の働きを円滑にするうえで欠かせないものです。

ダイエット中は、どうしてもビタミンが不足しやすく、欠乏症になりやすいので注意が必要です。

いろいろな食品を食べるように心がけることで、いろいろなビタミンをバランスよくとることが大切です。

ビタミンには油脂に溶ける脂溶性ビタミンと水に溶ける水溶性ビタミンがありますが、水溶性ビタミンは取りだめがきかないので、毎日とる必要があります。

私たちの体内には、カルシウム、カリウム、ナトリウムなど、さまざまなミネラルが存在しています。

これらのミネラルは、血液や体液を一定の状態に保ったり、筋肉や神経の働きを調節したり、骨や歯をつくるなど、やはりカラダにとってかくことのできない働きをになっています。

食事を制限していると、ミネラルも不足しやすいので、注意が必要ですね。

特に長期のダイエットでは、カルシウムや鉄を十分とらないといけません。

食物繊維は、体内で消化・吸収されないので、いわゆる栄養にはなりません。

でも健康維持に欠かせないさまざまな作用を持っているんです。

さらに食物繊維は、食べても太らないことから、肥満予防に最適です。

食物繊維はとりにくいと敬遠されがちです、調理を工夫して、ぜひ積極的にとるようにしたいです。

脂肪をとらないようにすれば体脂肪は減るのか
体脂肪になるのは、何も脂肪だけではありません。
糖質もエネルギーとして利用されなかった分は、脂肪として蓄えられるのです。
しかし脂肪も糖質も、カラダが活動するための大切なエネルギー源なので、まったくとらないのは問題です。
健康を維持するためには、ダイエット中でもある程度の脂肪をとる必要がありますね。